幅広い対応力

幅広い対応力

お金にだらしなくなると生活もだらしなくなると

お金は生きているというように、お金の扱い方で人の人生も大きく左右されます。お金を大切にする人にはお金が入り、お金を雑に扱うとお金が離れていきます。まるで恋のように。



これは20代の時に実際に経験した話ですが、急に費用を捻出しなければならずクレジットカードのキャッシングでお金を借りることなりました。その時は、すぐに返せば大丈夫と思っていたのですが、色々と忙しくなり後回しにしていました。



督促状が何回も家に届きましたが、大丈夫だろうという謎の自信があって返済をせずに放置していました。そのうちに、クレジットカードの利用が停止されていることに気づき、慌てて支払いを行なったのですが、すでに後の祭りでした。金融機関によっては「おまとめローン」という名前ではない場合も ~ おまとめローン 名称





新規のクレジットカードを作ることもできなくなり、私の社会的信用は無くなってしまいました。今振り返ってみると、当時の私の家の中はとても汚く、だらしのない状態でした。



よくよく考えればお金にだらしなくなっているのは、生活自体にだらしなさがあったからだと思います。

借りるのカンタン、返すのは、そうはいかないことも。

私の場合は、クレッジットカードのキャシッング枠で利用しました。



急な飲み会の為、手持ちが無く、やむ終えず利用。同じような経験をお持ちの方もおられるのではないかと思いますが、飲み会はそこそこで切り上げ、翌日には返済したので、返済の金利部分はほぼありませんでしたが、ヒヤリとしますよね。



今後もあまり利用したいとは思ませんでした。



私の場合は、一時的な金欠でしたので助かった感じはありました。ただ、返済の際の金利が高いイメージがありましたので、とにかく早く返そうと思い、翌日には返済完了しました。



その時の金利は調べてもいませんのでわかりませんが、返済が遅くなっていたらいくら払う事になったのだろうと思います。



銀行ATMですぐに借りられ、返せる点は便利で助かりました。即日審査のキャッシングは土日に注意





他人に知られることなく返済まで済むので、もちろん書類等もありません。



金利が高いところが唯一困る点ですね。仕方のないことでしょうが。



まずは借りなくても良い状況を作っておくことです。



現在では深夜でも銀行ATMでキャッシュカードが使えます。



借りなければならない状況なら、いかに返済を早くするかだと思います。返済額が膨らむ前に返済です。

母がお金を貸してくれて嬉しかった体験

人生に一度だけ、親にお金を借りたことがあります。



それは就職に役立つスキルを身につける学校に通うためのお金でした。



当時、収入に繋がりにくいことを続けていたため貯金が少ししかなく、学校の入学金が足りませんでした。



そんな事情を知って、母が黙ってそのお金を出してくれました。多分、へそくりで貯めていたものだと思います。私は何とか新しい技術を身につけて、しっかり就職したかったため、有り難く使わせてもらうことにしました。何とか学校にも通え、その後目的通りの仕事にも就けて、今も役立っています。



あの時、母がお金を貸してくれなければ、今の自分がなかったのだと思うと、感謝の気持ちしかありません。



気が小さな私は、もし入学金が調達できなくても、キャッシングなどはできなかったと思います。本当に母の気持ちに有難さを感じています。

20代のときは、あらゆる支払いが大変

20代のときはあらゆる支払いが大変です。給料が少ないのに、1ヶ月に約15,000円も払う年金。会社に社員で勤めているかぎりは会社が払ってくれるわけですが、バイトのときに困ります。年金のほかにも、携帯電話代があります。現在はLINEがあるから通信費を節約できますが、それにしても5,000円ぐらいかかります。

嫁にバレずに借金できた!



丸1日〜5日をバイトに費やして働きまくって、すべて年金や携帯電話に消えていき、自ら自由に遊んで使えるお金にならないわけだから、職種によってはそれだけ稼ぐのにはけっこう大変です。おおよそ高額バイトは、肉体を酷使する労働か深夜時間帯ばっかりです。人間性が崩壊するようなバイトが多すぎて、いろいろがんじらめになります。

今と学生時代とでは金額の重みが違う

学生の頃にお金を貸した経験があります。



そんな高額ではなく、カラオケ代や飲食代程度のものなのですが、反故にされた事が多々あります。確かに数千円の事ではありますが、当時は貧乏学生なので、思いのほか後々響くことになってしまうのです。



ですが、この程度の事で催促するのもなんだかはばかられますし、結局返してもらえずに今日に至ります。

よくわかる銀行のカードローン紹介所



そんな中、久しぶりにその友人と会った時、思い出話がてら、貸していたお金を返してもらいました。



相手もしっかりと覚えていたようで、それならなぜあの時返してくれなかったのか。自分で食っていけるようになった今と、学生時代とでは同じ数千円でも重みが全く違います。



こういっちゃあなんですが、今頃返されてもって感じです。

お金を大切に使うようになると貯まるようになる

あまりにも貯金ができないため、日々の生活を見直してみる事にしました。



先ずは小遣い内でしたが大好きだったギャンブルをやめました。人それぞれ感覚はありますが、私は一番のお金を大切にしない好意だと思いました。次に毎月必ず払わないといけないものは真っ先に支払いし、滞りのない環境に整えました。すると決して贅沢は出来ませんが、お金を無駄に使う事がなくなり、少しずつ貯め体質になってきました。



今までの散財を後悔しても戻ってはこないのですが、お金は何かしらの自分の成果です。今日も一日お疲れ様でした。明日も頑張ろう





ケチになってはいけませんが、無駄なお金は使わず大切な場所や人や物に使いたいと思います。



いくつになっても今から始められます、お金は大切にしたいと思います。

多重債務をした時に苦労して感じたこと

私は総量規制が設定される前に複数の会社のキャッシングをして多くのお金を使いすぎたため、金銭感覚が麻痺して困ったことがありました。キャッシングは金銭感覚が麻痺するとすぐに限度額に達しやすく、他社に申し込んで同じことを繰り返したためにするべきではなかったと後悔をしています。



多重債務は利息が高いため、返済を放棄すれば返すべき金額が増えるために注意が必要です。キャッシングをする時は複数の会社ではなく一社に絞ることを考え、滞納をせずに正しく使うことが重要だと認識させられました。食べ歩きママのなんでもブログへようこそ





多重債務をした時に苦労して感じたことは安易に考えると金銭感覚が麻痺して多くのお金を使い込む危険性があり、収支のバランスを考えて使わないと後悔をすることです。